開店準備中

個人サークル【開店準備中】の管理者・水崎のブログ

お題箱より:ジルさん×ルーカスさん(BL)

 山から帰還した水崎でっす!

 いやぁ……本当、駄目です

 電波すごく悪いし、何より溶けそう……orz

 

 今回はお題の消化でーーす!

 ナツユさん宅の

 ジルさんとルーカスさんの

 『アレ』に繋がったらいいなって言う小話です

 『アレ』ですよ、『アレ』!!ウフフ(*^^*)

 

 

 

*****

 

 

 

 歩き慣れた路地を右に曲がる。そこに一件のバーがあった。

 名前は異国語で【マシェリ】――愛しい恋人と言うらしい。見た目は古く、築三十年くらいだろうか。それでいて店内はほんのりと優しいランプが照らし、そこの主人が穏やかな笑顔を浮かべて迎えるのだ。

「こんばんは、ルーカスさん。今夜はお席空いてますよ」

「ありがとう、マスター。いつもの頼んでもいいかな」

「じゃあ、腕によりをかけますね」

 本当に同じ男なのだろうかと思う。ここのマスターは正真正銘の男だ。しかし、どう言った理由か女性顔負けの穏やかな物腰をしている。

 さらりと伸ばした髪を結い、それを髪留めで留めてアップにする。一見すると女性のように見えないことも無い、憂いを感じさせるように伏せ目がちで。

「熱いですから、お気をつけてくださいね」

 あれこれマスターについて考えていると、茶碗一杯の白いご飯に味噌汁。そして最後に添えられたのは、ガーナチャンプルー。ここに来て、一杯の酒を飲む前にまず腹を膨らませる。もはや彼の手料理が目当てと言っても良い。

 いつも恥ずかしそうに頬を掻きながら笑うのだ。「ルーカスさんが褒めてくださいますから」と言いながら、美丈夫は子供のように小さくはにかむ。それを見ると、心がちくりと痛むような気がするのは何故だろう。

(ジルが黙ってるなんて珍しいな。僕には関係……無いわけじゃないけど)

 この身体は二人でひとつだ。日頃はルーカスが生活や職務と言った日常をこなしている。

 問題はもう一人の自分――ジルの存在だ。彼は気まぐれで、呼んだからと言って素直に応じるタイプでは無い。けれど、要所では出てくるのだから根から悪いわけでは無いのだろう。

 ガーナチャンプルーで飯を食い、ゆっくりと酒を嗜む。グラスを傾けると、カランと涼しい音が聞こえる。季節は移ろい、じき夏が訪れようとしていた。

 

 

 

 

 天候の変化も目まぐるしいくらいだ。蒸した暑さのある夜だったが、ルーカスが店から出た頃にはざぁざぁと雨が降っていた。軒先で傘を渡され、丁寧に見送られる。

 雨音に混じってキーンと、小さくだが耳鳴りがした気がする。それを無視して部屋に帰ろうと、一歩踏みしめた。

 その途端に、まったく知らない情報が流れ込む。ルーカスの経験した事なのに、まるで他人事のように感じる。いや、これは他人事だ。だって――。

『へぇ、ボクにしては珍しく冴えてるじゃん。ルーカス』

「ジル……?僕に何か言いたい事でもあるのかな」

 うん。気配が頷いた。

 マズイ。そう思った時には全てが遅かった。

 ほんの一瞬、コンマ単位での気の緩みだった。そこからジルに主導権が移り、自分と言う意識は奥へと押し込まれてしまう。

「あの人のこと、好きでしょ」

『それがどうした』

 好きか嫌いかで問われれば好き。好感を持てる。そんな意味合いでしかない。だがしかし、ジルはそれが不満、もしくは不服だと言いたげだ。

 傘をさしながらでも僅かに身体は濡れている。帰ってすぐの鏡に映ったのは、酷い表情の自分。自分。自分。どこを見ても、探しても、自分ひとりだ。そこに、確かに彼は――ジルは居るのに。

 そんなの当たり前じゃないか。当たり前?その言葉の意味を探してみる。けれど、それは見つからなかった。

 

 

 

*****

 あのね!ナツユさん!!

 ジルさん小悪魔かわいいと思っちゃう私がいるんだ

 ビビッてないルーカスさんでごめんね

 もっとちゃんと資料読むので、色々教えてください!

 

 

水崎 拝

水崎さんのアレってコレ

個人的すぎて書いていいものか迷ってるんだけど。創作主体の垢、まぁ長田さんはじめナツユさんハヅキさん大多数の方々が知ってると思う垢だね。

そこでは一度も無いから言わなくても良いかな、って思ってるんだけど。それはナツユさんに失礼っつーか、月並みだが『大丈夫だよ』と言ってあげたいんだよね。

 

正直、事情は何も分からないけど薄っすら把握はしてたんよ。伝えたいけど、どう言えばいいのかとか私も諸々分からなくてだな(情けない大人の図)

ナツユさんほどじゃなかったけどね。その不安も、恐怖も分かるよ。

簡単に言っちゃいけないんだけどね、分かるなんて。でも、適切な言葉がそれしかなくて。

これから書くことが、その一助になればいいなぁって思ってる。

 

 

 

アダルトチルドレンって知ってる?探せばすぐ出てくるんだけどさ。

躁鬱ついでに統合失調おこしてて、アダルトチルドレンの可能性も拭えないなんて笑えないでしょ。本当は、DMでって思ったんだけどなかなか長くなりそうで。

それに、やっぱり交流ある面々には押えておいて欲しいっていうか。情報あるのと無いのとじゃ対処に差が出るからね。

みんなと話してるとすっげぇ楽しいから、最近のメンタルはすこぶる順調かな!(※体力的にはヤバイ※)

 

人間、誰しもあると思うんだよ。なりたい自分、とかさ。

あの時、守ってくれた『あの人』をベースに人格作って守らせようとかね。私、よっぽど明るくて接しやすい人間になりたかったみたいだねぇ。

病的なまでの振る舞いだとは分かってる。でも、やっぱ怖いんだよ。

自己に対する価値の感じ方、自己評価の低さとか。他人の目が気になるとか、特定の声が不快とか色々。

もう、私を理不尽に傷つけるヤツは居ないし……捨てる人間も居ないとも分かってるんだけどね。どうしても明るくいい子で居ないと見捨てられると思っちゃうっつーか、表と裏の温度差激しくてさ、参っちゃう。

 

私も、色々やったんだよ。昔、父親と家族の前でさ。

「この身体が貴方の娘である以上、僕は息子だと思いますよ」って言いながらのほほんと雑談してたりね。

かと思えば何だったかなぁ「学会なんて滅んでおしまい、このゴミ屑!!」なんて言いながら、自宅の本尊破壊したりね。ほんと、手ぇつかなかったわ。

入院することも考えたよ。あまりにも家が生活しづらくて。

 

なんか、辛かったら気軽にDMでも何でも。頼っていいんだよ。

見つけたら「水崎ィィィ!!!」って駆け寄ってきていいんだから。寂しいならさびしいって言えば良いしさ。

それが出来たら苦労しないよ!って言われそうだけどね。文字だけだから分かること、分からないことあると思うんだわ。

ナツユさん頑張ってるからさ。だから、自分にご褒美あげてもいいんだよって思うんだ(※やっぱり駄目な大人の図※)

生存ー確認ー!!

生きてます!水崎です。

くっそ暑いですねぇ、溶けそうです。このクソ暑いなか夏コミの時期到来っすか……いや、自分には縁の無い話しなんで。

今年は行けるのか分からないなぁ。何年か前に春コミ行ったのが初体験だったなぁ。

 

そうそう。ちゃんと水分摂ってくださいねぇ!!

倒れたらそこで試合は終了ですよ。なんて。

 

自宅の創作、参加してる企画、二次どれも手がつかないなぁ。なんて言うか、暑さでヤル気がそがれてくっつーか。

その間にネタ作ったりするんですけどね。とにもかくにも寝苦しくなってきたモンです。

 

私のネタってどうもワンパタな気がするんだよなぁ。あと作中で『同じ表現は二度使わない』って言う謎ルールを課しているとかね、わけ分からないね!!!!

でも、その謎の縛りプレイの効能なのかな?言い回しだけは、無駄に考え付く気がするかも知れない。

 

ちょこちょこツイッターには居るかと思います。気軽に声掛けてもらえると嬉しいです!

 

 

【メモ】

与える理不尽な苦痛と恥辱が快感に変わる様をまじまじと観察したい。あの、ぴっちりタイツ破ってぺたんこな雄っぱい吸いたい。小奇麗な王子様然とした表情を根本から歪ませたい。同性じゃ駄目、女じゃないと面白くない。あれでいてプライドお高いからねえ。「男はかくあるべき」とか男尊女卑じゃないけども、野心的ながら保守の考えもあったら個人的にツボだわ。

つか、あの世界で貴族っつーか『十二宗家』ってどんなモンだろうか。私的な意見としては、閉鎖的な家が多そうかなって思うし……貴族同士でも名前呼ぶの憚られそうよね。ヤヨイ家は保守筆頭みたいな感じで、対極なのがキサラギ家、中間がムツキさんちかなーって気はする。

 

 

 

暫定箇所もありますが

 進捗でーーす!!

 水崎です。遅くなりました

 こんなでイイのかなぁ。そわそわ

 

 

 

【概要】

 人造人間としてのアルファが、市民権を得るために暴動を起こす国。アルファの性能差が激しいため、共存を目指す派閥とで人間も争う

 研究施設っぽい街が広がる。色は白・灰など無機質 

 

 

 

【登場人物】

アルディラ=レイラル

 年齢:12歳 性別:女 種族:アルファ

 表向き「人間」として領主になったアルファの女性

 人造人間として強化されているが、病気に対する免疫などは落ちている

 合理的で冷静、無感情のように振舞う

 が、可愛いもの(少々ズレている)に目が無い

 

アルス=ツァイ

 年齢:28歳 性別:男 種族:人間

 アルファ保護団体の一員

 幼い少女のアルファと暮らしている

 温厚で物腰も柔らかい

 

サツキ

 年齢:6歳 性別:女 種族:アルファ

 黒髪ロングの少女

 子供ゆえに躊躇が無い

 人造人間としての戦闘力も高い

 

リィル=クロイツ

 年齢:23歳 性別:女 種族:精霊

 劣勢を強いられる弾圧組織の一員

 エルフ耳を隠すように髪を伸ばしている

 異国の茶が好きで集めている

 

ユーリィ=ドレット

 年齢:25歳 性別:女 種族:人間

 明るくテンポがいい

 行動的なため、他国に行く機会も多い

 部屋はごっちゃりしている

 

 

 

【以下、暫定項目】

 ・人間以外の種族の入国は一部地域では危険かも知れない

 ・サツキは『体力を吸ったり、分け与える能力』の持ち主

国名・国柄の進捗!

どもー!水崎です

作業離脱と称して、国づくりしてました

 

f:id:mzskxkkk:20170313114229p:plain

 国名:レイラル国

 

 女領主:アルディラ(アルファ)

 

 人口:人間 7割

    アルファ 3割

 

 概観:研究施設っぽい街。色は白・灰など無機質

    過去の技術を駆使して近代化していった国で、自然破壊の元凶

    アルファの更なる強化を目指し、多種族の実験体を欲しがる

    人間以外の種族の入国は極めて危険かも?

 

 組織:明日への白き翼(アルファの保護団体)

    紅の鎖刃(アルファ弾圧団体)

    無欲の宵(情報屋)

 

 

 

 

 

今のところこんなカンジでっす!

あともう少し作りこめたらいいなぁ

PFCS 参加しまっす!

どうもー

管理人・水崎です

企画参加決定しましたーー!!

いえーい☆

 

まだ名前決まってないですが

地図をアップしておきますん

f:id:mzskxkkk:20170313114229p:plain